鈴木レオ 八王子のために獅子奮迅!!

八王子市議会議員 鈴木レオと事務所スタッフの活動を
徒然なるままに綴っております。
<< 戸吹スポーツ公園視察 | main | 消防操法大会 練習会 >>

小児・障害メディカルセンター 開設式典

私が市政にお送り頂いてから一貫して都立八王子小児病院の問題について、質疑を行い、提案し、取り組んだ結果の小児・障害メディカルセンターが開設を迎えることとなりました。

平成20年6月の一般質問において、都立八王子小児病院の跡地に平岡の夜間救急診療所を移設させ、新たな一次医療施設の構築を提案をした際には、議場から多くのヤジが飛ばされたのを記憶しております。
それからの3年間、常にヤジを飛ばされながら取り組んで来たことがここに実を結び、まさに感無量の開設式典となりました。

F1030034.jpg 

夜間救急診療所の移設案を提案した際に、副市長にその提案を快く受け入れて頂き、さらに施設を充実させる為と、行政から島田療育センターへと働きかけた結果、夜間救急診療所と併設されることとなりました。
都立八王子小児病院が移転すると、障害児診療が崩壊すると言われ続けておりましたが、多摩地域で中核の施設として活躍されている島田療育センターのサテライト施設が八王子市内に出来ることにより、新たな診療体制を構築することが出来たと思います。

F1030031.jpg

そして、私が提案した夜間救急診療所の移設に関しては、都立八王子小児病院の旧館を壊し、新設で診療所を作りました。
現在の平岡は、駐車場が狭く、エレベーターなどもなかったのですが、新たな診療所は段違いの施設へと生まれ変わることが出来ました。

F1030030.jpg

まだ平岡から備品の移動が終わっていない為、夜間救急診療所の正式な稼働開始は6月となっておりますが、待合室も広く、診療室も綺麗になっております。
診療事業時間については、今までと同じく午後8時から午後11時までで、年中無休の体制で内科と小児科の診察を行います。
さらには、平成23年度予算において、看護師の配置を増員し、夜間の電話相談を充実させております。

F1030032.jpg

2階では、同じく平岡にあった休日歯科診療を担当し、既に大きな機材については配置されておりました。

F1030033.jpg

4年前に当選し、都立八王子小児病院に関する議事録を全て見返すと、存続についての議論しかなく、新しい発想は何もないことに気付いたのが取り組みの最初でした。
途中、都議会議員選挙では、都立八王子小児病院存続を訴える候補者が多く出るなど、小児・障害メディカルセンター設置については向かい風が多くありましたが、行政と力を合わせてやりきって来ました。

最近では、小児・障害メディカルセンターの建設を受け、「私がやりました」と言う議員の方なども出て来ているというのを聞きます。
ネット上でもご覧頂けますが、議事録を見れば誰が何を言ってたのか一目で分かります
議事録は、この問題以外にも、多くの議員の意見が見れますので、是非、ご覧頂ければと思います。

1期4年間の間、一貫して小児・障害メディカルセンターの設置に取り組みました。
合わせて、小児救急に行く前になども作成しましたが、ここでようやく医療体制の土台が出来上がったと思います。
次は、この土台を基盤として、本当の意味での医療体制充実に向けて、医療都市八王子と言われるように取り組んで行きます。

【参考】
夜間救急診療所の移設を提案→http://leolion.jugem.jp/?eid=166

小児病院跡地に医療施設建設が決まる→http://leolion.jugem.jp/?eid=445

4年間取り組んで来た医療体制整備の総括→http://leolion.jugem.jp/?eid=603
今日のレオ | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントありがとうございます。

こうさんがおっしゃる通り、小児医療問題は2つの選択肢で答えられるような問題ではないということは、私自身強く感じております。

それにも関わらず、政争の具として取り上げ、議会の中で今も時を見ては出されていることに憤りを感じることがあります。

議員は、市内の課題を政争の具としてはならないと思います。
市民の方にどのような課題があり、どんような解決策を考えて行くのかを明瞭に、簡潔に説明しなければならないと思います。
頂きましたご意見を胸に、その責任を果たせるようにして参ります。

私自身、まだ説明が足りない所もあると感じる時がありますので、常に研鑽を積んで参ります。
また、自民党の市議は、確かに情報発信が下手な所は否めないので、仲間と共に情報発信に向けて取り組みも進めて行きたいと思います。

今後ともご意見など御座いましたら、遠慮なく頂ければ幸いです。
レオ | 2012/03/31 12:31 PM
八王子小児病院問題では本質的議論を避けて感情的な訴えかけが多く強い憤りを覚えていました。私も4歳の娘がいますから「小児病院があったほうがいいですか?」という2択の質問ならYESと答えると思います。でも本質的には2択でこたえられる問題ではないはずなのです。

しかし、小児病院問題は多くの議員によって政争の具にされました。なぜ移転なのかきちんと聞く間もなく。本質的には少子高齢化社会における医療の在り方と都政の財政問題、多摩地区の広域医療と八王子市内の医療とが複雑に関わっているとある議員の方からお聞きしました。また、鈴木議員の解説されている、移転後の対策や市内の小児医療体制拡充措置なども聞きました。驚きでした。

その方にも申し上げたことですが、議員の方は時にわかりやすく明確に有権者に説明する必要があります。政治とはそんなに簡単なことではないのは重々わかっているのですが、最近の無党派層対策のみを重視する軽薄な議員たちの傾向としては、非常に簡潔明瞭に争点化をする傾向があり、こういった対策にも保守党や与党は守勢に立たされやすい分、わかりやすい解説が求められると思います。

今回、鈴木議員のBlogなどを拝見し、八王子の自民党市議にもこういった見識のある革新的な市議がいることに安心しました。自民党の方々は情報発信が下手すぎです。是非とも今後の活躍に期待しています。
こう | 2012/03/30 8:11 PM
コメントありがとうございます。
この4年間、取り組んだ成果が実を結び、喜びを感じております。

当初、都立八王子小児病院跡地への移設と言うことから、存続をあきらめるのかと言うお叱りの言葉も頂きましたが、現状の医療体制の問題、これからの体制を考えた上で、信念に基づいて取り組んで参りました。

一次救急の体制を整備し、電話相談によりきめ細やかな対応を行い、軽症と重症を的確に判断することによりさらなる医療連携が進むと思います。

しかし、私はこれで終わりでなく、これからが新たな医療体制整備のスタートと考えておりますので、今後ともご意見など賜れればと存じます。
レオ | 2011/04/06 5:54 PM
4年もの間、根気強く取り組んできた
ことが実を結び、本当によかったですね。
都立八王子小児病院は子どもが小さいころ
お世話になったこともあり
いったいどうなってしまうのか
気になっておりました。
夜に具合が悪くなることが多い
ちいさいお子さんをお持ちの方にとって
夜間の医療体制が整う事は
心強いことです。
マザー | 2011/04/05 7:59 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://leolion.jugem.jp/trackback/659
この記事に対するトラックバック
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>